fc2ブログ
そんなわけで本日は洋食、アカヤマドリ!!

アカヤマドリと言えばポルチーニの親戚、そりゃーまずはリゾットだよね
軸はみじんぎりに、カサは大きめスライスで存在感を出して。
アカヤマドリをめいっぱい感じたいから、ブイヨンはハーブと野菜だけでひいて、
ワインも控えめ、乳製品に合わせるべく、おろしたパルミジャーノはたっぷりと…

P1010819.jpg

やばいやばいやばい~!!!何この香りと食感!!!
サフランを使ったわけでもないのに、鮮やかな黄色がうつくすぃ~

少し硬い舌触りの軸が、アルデンテの米にからんでこつこつさくさく。
カサは見た目からは想像できない、マシュマロのようなふわふわの食感。

乾燥ポルチーニはちょっと醤油に似たコクのある香りで、それが好きだったけど…
フレッシュのきのこの優しくてあったかい香りはやっぱり別物。。
ポルチーニのリゾット、大好物だったけど…これ知っちゃったら戻れないかも

P1010814.jpg

そんなアカヤマドリをさらにストレートに味わえるよう、シンプルにバターソテー。
ここまで立派で特級の幼菌だから味わえる、軸とカサ一緒の幸せ…!!
ヒラキのカサのふわふわ感も捨てがたいけど、大きくなっちゃうと
軸のぼそぼそ感が強くなっちゃって。このくらいのサイズだとどっちも美味しい!
ブルゴーニュ風に、にんにくもちょっぴり

ところで、きのこや茄子のバターソテーにはコツがあって。
全量をバターにするとしつこいので、サラダオイルやグレープシードオイルなどの
無味無臭の油を使ってにんにくの香り出しをした後、控えめ量のバターを投入。
油を吸わない素材ならバターが溶けてすぐ材料を入れてもいいのだけど、
きのこや茄子のように油を吸う素材の時は、軽くバターを焦がしてから
ソテーしてあげると香りよく軽めに仕上がるのだ~

…で。鶏か豚でもグリルして添えようかな、と思ってたのだけど。
p子ねーたまに聞いた枝豆入りチリビーンズが食べたくなったので、本日のメイン♪

P1010809.jpg

お聞きしたのはお豆腐入りのヘルシーバージョンだったのだけど、
今日は品数少なめなので、肉も野菜もてんこもりチリビーンズ
ソースと野菜にまぎれて見えないけど、虎豆と白いんげん、ひよこ豆いっぱい

枝豆、予想外のおいしさ!!いやーこれは毎回入れたい!
下煮した豆って、チリの中で煮える間に柔らかくなっちゃうから、食感が
あんまり残らなくなっちゃうんだけど。枝豆のおかげでお口がたのしーい
ねーたま、ナイスアドバイスありがとうございましたっっ

それにしても、いやー美味しかったぁぁ…アカヤマドリ愛おし過ぎ
去年もアカヤマドリはいただいたけど(天然きのこセットにででんと鎮座ましましていたアカヤマドリ…w)、
初めてで勝手が分からずお料理したので、美味しいのはもちろん美味しかったけど
ちゃんと特色を生かしてあげられなかったから…今回は大満足!!
来年がもう待ち遠しいけど…明後日はタマゴタケが届くもんね
明日はダーリンまたもや出張、金曜日は…タマゴタケいたりあ~ん
今週ほどきのこ食べ倒してる週もないくらいな、しあわせweekだわん
スポンサーサイト



おいしいもの。 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

愛しのハツタケちゃま♪

2011/09/05 Mon 22:45

9月に入って、秋のきのこシーズン到来!
我が家に届いた一番目の秋のお知らせは…愛するハツタケちゃん!

P1010751.jpg

がしがししたしっかり手触りのハツタケは、きのこそのものの食感よりも
その出汁が命!お米と一緒に炊き込んだ、ハツタケご飯のうまさといったらもう

P1010760.jpg

さっそく塩水に漬けて虫出しをし、だかだか刻んでお鍋にぽいぽい。
カサの部分は普通に食べられるけど軸の食感はちとイマイチなので、
軸だけは細かめにみじんぎり。

P1010768.jpg

お醤油に酒、みりんを少しにお塩をちょいちょい。
さっと煮ておいて下拵え完了。
後は昆布をひとひら忍ばせて、煮汁ごと一緒にお米を炊けば…
あーんそこは桃源郷

早いとこ桃源郷でキューッと一杯やりたいとこだけど
今夜はダーリン、出張で帰らないので明日までお預け~

ちなみに明日はこれまた大好物なアカヤマドリが到着な予定
これまたふっくふくの香り高い美味なきのこで…フレンチやイタリアンで
珍重される、セップやポルチーニの親戚。
バターやクリームなんかの乳製品と相思相愛なこのきのこ、やっぱ洋食よねっ
そちらは明後日、水曜日のディナーでのお楽しみになる予定

いつも注文させていただいている、天然きのこ山菜.comさんのところから届くお楽しみきのこたち、
後3種類ほど楽しみにしていて…次は何が届くかな~っ
それよりまず明日のハツタケご飯っっダーリン早く帰ってこーい
おいしいもの。 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム |